ハワイ島 ひとり旅

ハワイのビックアイランドを女ひとりで旅した記録

6日目 個人でイルカに会ってやる!

この日は早起きした。

なぜ?

実はイルカにもう1度会いたい!

周りにうじゃうじゃ人抜きで!

それで、一人でSUPで大海原に繰り出した。

くそ、カイルアコナの海岸から2時間50ドル。

前日に1日30ドルの店も見つけたが、それは無店舗経営みたいで、どっかからボードを運んできてくれるというシステムみたいで煩わしかったので、もう金に糸目はつけずに便利なのを選ぼうと思ったのだ。

おやま、SUPもできたのですね、あなたは。

そうなのです。

江ノ島で2度ほどやったことがある。

あれがこんなところで役に立つとは!何事もやっておいて見るべきだ。

しかしブランクが2年ほどあった・・・。

ま、大丈夫よ、ってことで、大海原に漕ぎだす。

お店の人は韓国系だと思われ、屈強な肉体をしている感じのいい青年だ。

どうも韓国系とは何か気が合う。

クリスチャンさんから借りたシュノーケルを積んで出発だ。

久々だったが、なかなかうまく漕げる。

マリンスポーツも、やれば楽しい。

やるまでが面倒くさい。

ところでだが、イルカちゃんの姿は見えない。

SUPは、風がなければ、意外に遠くまで行けてしまうので、ちょっと困る。

どこまで遠くに行っていいのやら。

ここでもまた、大海原でAll alone。

岸へ戻れなくなったら、ボード屋のお兄さんが探してくれるかなあ。面倒なことはごめんだ。

周りの人たちの様子を見ながら、できるだけ沖に出る。

イルカちゃんのために歌を歌ってみるが、現れる気配はない。

イルカってのは、どうやらかなり群れたがるタイプなようで、ワイワイが好きなタイプで、どちらかいうとキャピキャピ系なんだな。

イルカは愛の存在です、な〜んてさ、ちょっと言い過ぎだと思うなあ。

あいつら、やっぱり人間に近い。

キャピキャピ系のイルカちゃんは、キャピキャピ系の人間とキャピキャピしに来てくれ、そうでないのは、きっと人間なんかとわざわざ遊びに来ないのかなあ。

あ!しかし前日に岸からクジラは見た!尻尾をバタバタやっていた。

 

そんなことで、イルカには会えず。

だからここでやっと、おっさんのイルカツアーに参加したことへの正当性が証明され、少し落ち着く。

でもハワイ島でSUPもできて、これはこれで良かった!

だんだん寒くなってきたので、岸へ戻る。

お兄さんに、時間は超過しても構わないよ、と言われていた。

でも寒いからもう帰る・・・。それでも結局40分ほど超過していた。

大海原を漕ぐのはそこまで疲れなかったが、岸からボード屋におよそ15メートルくらい、ボードを運ぶので、体力を大量に奪われてしまった。

さあ、駐車場へ。

車は楽だ。もう着替えが面倒だったので、分厚いバスタオルを座席に敷いて、そのまま家に帰ってお風呂にザブンすることにした。

カイルアコナから家までは車で10分。もう道は分かっていて、朝飯前だ。

やれやれ・・・。

山も生き延び、海も生き延び、道も生き延びた。

午後は何をしようかなあ。