ハワイ島 ひとり旅

ハワイのビックアイランドを女ひとりで旅した記録

1日目 飛行機

23:55発の飛行機。

夜のご出勤。

私は今、執筆活動に専念し、引きこもりの日々であり、存在自体がかなり場違いな雰囲気を発している。

この日の夜のご出勤は、サラリーのマンやウーマンたちの退勤時間と見事にかぶっており、なんか彼らを久々に見た。

それがすごく・・・不思議な感じで、いや、「なんて楽しそうなんだろう!いいなあ」なんて思いつつ(新入社員の小グループがちらほらいたので)、でも私はもうあの中には決して戻れない人間になってしまったのだという事実がズシッと来つつ。

ゆえに彼らが別の種類の動物のようにも見えて、でも私もほんの1年前まで彼らの一族だったのに、何なんだろう、この別人種感・・・という、感動のようなものを胸に、羽田へ向かう。

「何言っとんじゃ、こいつ」って感じですけど、まあ、私にはそう言う感慨があったのです。良い意味のです。

「お家を出てからお家に帰るまでが遠足ですよ!」なんて、小学生の頃、口を酸っぱくして言われたもんですけど、まさに私の旅っていうのは、その言葉ドンピシャリなのです。

 

そいでもって羽田。

「う〜ん!やっぱり私は海外が好き!外界が好き!」と思う瞬間。

いや、本当にここ1年くらい、ずっと引き籠って内界ばかりを見ていたため、かなり外界が狭まっていたのです。たっのしい〜!やっぱり外界も楽しいなあ!と思ったのでした。

 

そいでもって飛行機。

私はじっと座っていることが何より苦手なんで、なるべく席を後ろの方にとっといて、席が空いてたらこっそり席を移動して1列占領して寝そべることを常に目論んでいるわけですが、今回はちょっと微妙・・・。図々しさが半減してしまっていた。

そんなことで3列くらい空いてたけど、「ま、いっか」なんて思っている間に、取られちゃってた。クッソ〜。

ま、良いわい。映画がすごく充実してる〜!

「モアナと伝説の海」もあるし、「ララランド」もある。ヤッホ〜!

君の名は。」もあって、なんか不思議な感じ。

飛行機で映画を見るのって、映画館で見るのとも、家で見るのとも違って、大好きなのです。

ハワイアン航空のチョイスはなかなかよろしかった。

しかし飯はまずい、というより普通か・・・。

 

モアナのおばあちゃんがとてもいい味を出していて、好きであった。

こういう太っちょの白髪ロングのおババのフラダンサーって、ハワイの名物らしいのだ。今回は見れなかったが。シャーマン的な存在。

f:id:trip-allalone:20170413101339j:plain

 

ララランドは、この鶴の舞ポーズが癪に触って、見るつもりはなかったのだが、こんな機会なので見てみた。

すごくいい映画!これは広告屋がマズイ。このポーズばかり、やたら売り込みおって。

f:id:trip-allalone:20170413101705j:plain

例えばこういうシーンとかの方が好きだけど。

f:id:trip-allalone:20170413101935j:plain

あとは韓国映画のファミリーフッドっていうのを見ていたら到着してしまった。

さあ、冒険の始まりだ!